静岡県から愛知県を中心に釣具の店舗販売を行う「イシグロ」のロッドビルディングパーツ専門オンラインショップ

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.

新品パーツ | 釣具ビルディングパーツ専門

グラスチューブラ 1400mm

観覧回数 8,873回
サイズ(元内径×先内径×肉厚)

【数量は当店の在庫数を表示しています。】

表示される数量よりも、多くの商品が必要な場合は下記のお問い合わせにて、ご連絡くださいませ。
メーカーより必要数量をお取り寄せいたします。
※一部お取り寄せ出来ない商品もございます。ご了承くださいませ

※大型送料:通常送料に加えて550円が別途かかります。

■商品詳細

メーカ
東邦産業
カテゴリー
汎用穂先 > チヌ(カセ・筏)用穂先
ブランク > その他
商品コード
8000000007858

カセ・イカダ用の元竿に最適な粘りのあるパワー抜群のグラスチューブラです。

商品説明

カセ竿のガイドバランスについて

カセ竿のガイドバランスの一例をご紹介します。カセ竿製作DVD出演の曽根マイスター製作時の場合です。

 穂先長さ 穂先側                   元竿側
58.5cm 15 16 20 24 26 28 34 37 43 45 53 62 70 mm
63.5cm 15 16 20 24 26 28 34 37 43 45 50 55 60 70 mm

硬さの違いはあっても基本的にはどの穂先もこのバランスで取り付けています。

表には長さが58.5cm63.5cm2種類紹介させていただきました。

込み部分の長さを3.5cm取りますので、使用できる長さはそれぞれ「55cm」「60cm」となります。

表の赤字の部分の間隔は変えていません。

それより下の間隔は穂先の長さで変えています。

もちろん先端の間隔は重要ですが、下の方のガイド間隔も重要です。

これは元竿のガイド間隔にもかかわってきますが、穂先を繋げた時に穂先から元竿にかけてのバランスを考えて取り付けていないと、この部分の間隔がおかしくなってしまいます。

ガイドの間隔のバランスが取れていると、穂先と元竿がどこで繋いでいるかぱっと見にはわからないようになります。

上記の通り、好みの調子を出したい為に異なる長さの穂先も作成していますが、一番下の間隔は同じ(70mm)にしてあるのはその為です。

長さの違う穂先を取り付けても、バランスを保てるように間隔を決めた結果です。

※表は左側の数字が穂先側の間隔で、右側にいくにしたがってバット側になります。

類似商品

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

パーツ名を確認して商品を選ぶ
パーツ名をクリックすると該当する商品一覧が表示されます。

船竿

TOP

カートに追加しました

大変申し訳ありません。
この商品は在庫切れとなりました。
サイズ(元内径×先内径×肉厚)を選択してください
ビルディングパーツ 詳細検索
商品名
カテゴリ
価格
その他

しばらくお待ちください