静岡県から愛知県を中心に釣具の店舗販売を行う「イシグロ」のロッドメイキングパーツ専門オンラインショップ

新品パーツ | 釣具メイキングパーツ専門

サーベルテンヤi4

フルグロー

ホロピンク

ホロパープル

ホロアカキン

フルグロー
ホロピンク
ホロパープル
ホロアカキン
観覧回数 932回
重さ×カラー
オススメ 値下げ品

■商品詳細

メーカ
イシグロオリジナル
カテゴリー
特別販売品 > その他
商品コード
8000000010650
備考
イシグロオリジナル大人気商品です♪♪ イシグロ各店舗もしくはオンラインショップでしか買えません!! 太刀魚釣りの新定番!(^^)!

静岡沼津で生まれた新感覚釣法〝サーベルテンヤ〟。タチウオ釣りをひとつテンヤ方式で超ライトに楽しめる釣り!

この秋、新製品販売予定のため、旧モデルを特価価格にて販売中!是非この機会にお試しください。
30g:¥961→¥745(税込)
56g:¥1,058→¥842(税込)

商品説明

ついに!

2017年秋!

パワーアップリニューアル決定!!!!!!!!!!!!!!!!

その名もサーベルテンヤ”EVO”

この秋、新製品販売予定のため、旧モデルを特価価格にて販売中!!

是非この機会にお試し下さい。

30g:¥961→¥745(税込)

56g:¥1058→¥842(税込)


関連商品はこちら ⇒ マックスシャフト サーベルフッカー ムラムラパイプ

イカ先生こと富所潤さんもサーベルテンヤ大絶賛

沼津港 秀丸さん主催の『 サーベルテンヤ実釣会 』に、サーベルテンヤ開発スタッフ  村上が講師として参加してきました!!

サーベルテンヤの魅力にとりつかれた、『 イカ先生 』 こと富所 潤さんも飛び入り参加!!講師としてご協力頂きました(^^)/ 

エサ付けから合わせ、タックルまで解説した動画です。


重さの使い分け

  • 30g  水深:10m~30m前後  潮:穏やか又は遅い
  • 56g  水深:10m~50m前後  潮:早潮又は速い

●カラーの使い分け

  • フルグロー

濁り潮・潮が暗い又、夜釣りの鉄板カラー

  • ホロピンク

濁り潮又は太刀魚がグローを嫌がっている時の定番カラー

  • ホロムラサキ

澄み潮・渋い時の定番カラー

  • ホロアカキン

濁り潮・イカパターン等


●カラー購入例

  • 安心プラン  フルグロー2個 ホロピンク1個 ホロムラサキ1個 ホロアカキン1個 
  • 最低限プラン フルグロー1個 ホロピンクorホロムラサキ1個 ホロアカキン1個 
  • 最初の1個   フルグロー1個

●最低限持っていきたい数

  • 沼津沖  30g 2個  56g 1個
  • 焼津・大井川・三重 56g 2個 30g 1個

●開発秘話

全国的な一つテンヤブームの時代。多くの船宿が一つテンヤを船のコースに入れていた時代がありました。

多くの釣り人で盛り上がりを見せていましたが、いつの間にか一つテンヤのコースが船宿から消えました。

その状況下一つテンヤタックルで出来る何か新しい提案がされれば、新たな釣りが出来るのではとの仮説の元、誕生したのがこのサーベルテンヤです。

ライトタックルの浸透(大量に釣りたい→釣りを楽しんで釣りたい)とタチウオのゲーム性(ルアーでしか釣れない時、

餌でしか釣れない時の新メソッド)がマッチし、このサーベルテンヤが誕生しました。


●一日の釣りにおける活性と仕掛への反応

1日の流れ(喰いの変動)

平均して釣れ続く事が多く飽きさせずまた誘いやリグによっては餌、ルアーにない爆発力を持つのがサーベルテンヤの特徴!!

道具の少なさ、タックルの軽さ(一日の釣りでの疲労感が少ない)のも最大の魅力です。

一つテンヤタックルに加えてやや硬めのライトソルトタックル、バスタックル等でも代用が可能です。


●サーベルテンヤ基本タックル図

~ベイトタックル編~

~スピニングタックル編~


●ボディーカラーのローテーション

サーベルテンヤにはホロパープル、ホロピンク、ホロ赤金、フルグローの4色。

夜釣りが中心のサーベルテンヤではフルグローの釣果が安定しています。

しかし朝マズ目時のパターンでのホロ赤金やルアーへの反応が良い場合のパープルなどフルグローだけでは対応できない場合もあり数色あると安心です。

夜光シールをパンチでまるくくりぬき現場で張り付ける方法も喰い渋った状況下 非常に有効な場合もあります。


●メインフックのメンテナンス

最初は貫通性の高いフックも次第に甘くなってくるものです。

現場での応急処置としてオーナーのフックシャープナーなどで応急処置として砥ぐことが可能です。

帰宅後はぬるま湯に漬け塩分、サンマの身のカスを取り除きダイヤモンドシャープナーで研いでおくと良いです。


●一回釣行の付け餌の目安

通常の遊漁での釣り時間の目安は5~6時間。

この時間内で釣りをする場合サンマの大(5本切)をワンパック、中(3本切)をワンパックあれば十分に釣りを楽しめます。

船宿によっては付餌を乗船代に含んでいる事があり事前に確認が必要です。

また餌のサンマは油分が多く手が汚れやすくまたカスは船ベリに放置すると滑って怪我の原因となります。

タオルの準備、滑り止め対策を万全にしましょう。


●サーベルテンヤ 誘いのパターン

サーベルテンヤの誘い アタリと合わせのパターンは主に2種類です。

船長の指示棚の手前でテンヤの落下が止まる場合。落ちてくるテンヤに対して太刀魚が喰いあげている状況。

比較的活性が良くガツガツと荒いこのアタリに対してはアシストフックに掛かっている場合が多いので即合わせで対応します。

仮に即合わせが決まらなくてもホロ―としてアタリのあった水深でテンヤの位置をステイさせる、又は再び落とし込むと当たる場合が多いです。

水深の深い棚で食っている場合は特に回収の時間も考えれば合わせが決まらない場合のホロ―を試してみると良いですよ。

フォール中のアタリに注意しながら船長の指示棚まで落し竿を1回~2回強めにしゃくりあげ、

しゃくりあげた竿先を下げてくる間にリールのハンドルで半回転~1回転巻上げ昇り階段状にテンヤを誘いあげます。

アタリはシャクリ上げとシャク上げの間、テンヤが静止又はゆっくりと上に巻き上げられている時にテンヤの重みが消えるようなフワフワとしたアタリが出ます。

このアタリは餌の端を咥える程度のアタリで、波の上下に合わせてロッドを上下させ太刀魚に餌が不用意に動く違和感を与えないようにして、

大きな引き込みを待って竿先を頭上に上げる聞合せで掛けます。

水中ライトを使用した餌釣り師と同船の場合、タチウオは水中ライトに引き寄せられ上に魚群がばらけて棚がぼけてくる場合があります。

その際は周囲の人の浅い水深で当たったとの情報に惑わされないよう船長の指示する棚にテンヤを集中する事で良型を連発させる事が出来ます。


●代表的なフック位置とアシストの取り付け方


●様々なリグ、深場対応方法について

関連商品はこちら ⇒ マックスシャフト サーベルフッカー ムラムラパイプ

類似商品

TOP

カートに追加しました

大変申し訳ありません。
この商品は在庫切れとなりました。
重さ×カラーを選択してください
メイキングパーツ 詳細検索
商品名
カテゴリ
価格
その他

しばらくお待ちください