静岡県から愛知県を中心に釣具の店舗販売を行う「イシグロ」のロッドビルディングパーツ専門オンラインショップ

新品パーツ | 釣具ビルディングパーツ専門

ロッドビルディングレポート

投稿者名:イシグロ 彦根店

2019/07/10 閲覧数:378

イシグロ彦根店 ロッドカスタム グリップ延長!その① 

こんにちは!

リサイクル・メイキング担当の堀田です♪



いつも修理・改造のご依頼誠にありがとうございます♪

当店右奥にはロッドビルディングコーナーがございますのでビルディングに挑戦したい方などお気軽にお声かけくださいね(^^)




今回は、お客様よりご相談、ご依頼の多い『グリップ延長』についてご説明させて頂きますね♪



デプス サイドワインダーHGC-65HF/GPを使って解説をスタート!


こちらの竿はリールシート下からエンドまでの長さが24cm。これからプラス10cm延長しリールシート下からエンドまで
34cmにしていきます!

グリップ延長をする為に接着されているEVAグリップ、メタルパーツ、エンドキャップをカッター、ペンチ、アルコールランプを使って破壊していきます。



まず、グリップ破壊をする前に忘れちゃいけない事!

それは、カッターの刃が滑ってEVA以外のパーツにキズが付かないようにする為にマスキングテープで保護する事です。

今回はエンドキャップのメタルパーツを再利用する為に、しっかりマスキングをしていきます♪

 

マスキングが終わったら、

次は、グリップを破壊していきます。

EVAグリップにカッターで2箇所切り口を入れていきます。

この時に勢い余って他のパーツにキズをつけないためにも先ほどマスキングをしたんですよ(^^)

切り口を入れたらペンチでむしりとっていきます。

この時に奥深くペンチの刃を入れるとブランクを傷つける恐れがありますので、注意しましょうm(--)m

ある程度EVAをむしりとったら、

こんな感じでメタルパーツ、エンドを剥がしていきます♪

集積コルクのエンドキャップはカッターの刃が入らないので、

削り落としていきます。ある程度いったところでメタルパーツも簡単に取れました!

すべて取り外した状態がこれ↓↓↓

このままでは残りカスの凸凹で接着をする際にグリップをうまく取り付けれない為、アルコールランプで熱しながらカッターの刃を立てて残りカスを剥がしていきます。

※表面を削いでいく際は、必ずカッターの刃を立てて削って下さい。刃を横にするとブランクを傷つける恐れがあるためです。

全体の残りカスを剥がして表面がキレイになりました♪

これでグリップ延長の半分が終りです!

次回はカーボンの接着、グリップを行っていきますのでお楽しみに!!

それでは!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリ検索

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

パーツ名を確認して商品を選ぶ
パーツ名をクリックすると該当する商品一覧が表示されます。

船竿

TOP
ビルディングパーツ 詳細検索
商品名
カテゴリ
価格
その他

しばらくお待ちください