静岡県から愛知県を中心に釣具の店舗販売を行う「イシグロ」のロッドビルディングパーツ専門オンラインショップ

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.

新品パーツ | 釣具ビルディングパーツ専門

ロッドビルディングレポート

投稿者名:タックルオフ 鳴海店

2018/01/20 閲覧数:4,917

タックルオフ鳴海店 カーボンソリッドテップの交換について

こんにちは。タックルオフ鳴海店の高野です。

今回は、ブラックレーベルのティップ部分が折れたので、ジャストエースのカーボンソリッドティップを使い修理しました。

<写真>

手順は以下の通りです。

1.ソリッドティップ部分を外す。

2.ジャストエースのカーボンソリッドティップの差込部分を削る。

3.カーボンソリッドティップを接着する。

4.ガイドを取り付ける。

それでは、修理スタートです。

★ソリッドティップ部分を外す。

  ガイドを外し、接続部分のみにします。

  ヒートガンで接続部を暖め接着剤をやわらかくします。少しずつ暖めながら、真っ直ぐに抜きます。(真っ直ぐです!!)

    ポイント!!ねじって抜くのはNGです。カーボンが折れます。

★ジャストエースのカーボンソリッドティップの差込部分を削る。

  カーボンソリッドティップを旋盤機にセットして、差込形状を差込口に合わせます。

    ポイント!!元のソリッドティップの形状を参考にすると削りやすいです。一気に削らないで、少しづつ削って下さい。

★カーボンソリッドティップを接着する。

  エポキシボンド(30分)を使用して、接着します。元竿の差込口とカーボンソリッドの挿す部分にしっかり塗ります。

    ポイント!!接着剤が少ないのは強度がでなかったり、異音の元になります。あふれ出る接着剤はアルコールでふき取りましょう。

★ガイドを取り付ける。

  継いだ部分にガイド取付けるため、糸巻きをしてつなぎ部分の段差をなくします。

  ガイドを取り付けます。カイドセメントで仮止めして糸巻きを行います。

  <写真>

  ガイド取付部分をコーティングします。

  

以上で完成です。

作業には十分注意して下さい(^-^)v。

このサイトはJPRSにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

パーツ名を確認して商品を選ぶ
パーツ名をクリックすると該当する商品一覧が表示されます。

船竿

TOP
ビルディングパーツ 詳細検索
商品名
カテゴリ
価格
その他

しばらくお待ちください