静岡県から愛知県を中心に釣具の店舗販売を行う「イシグロ」のロッドビルディングパーツ専門オンラインショップ

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.

新品パーツ | 釣具ビルディングパーツ専門

ロッドビルディングレポート

投稿者名:タックルオフ工房

2021/07/11 閲覧数:357

タックルオフ西春店より、リメイク・リペア依頼品が入荷しました!!

  

タックルオフ西春店より、

      リメイク、リペア依頼品が入荷しました!!

                  分類(メタルトップ・ソリッドチューン)

 こんにちは、

 工房担当の福田です。

 今回の依頼品は、ヤマガブランクスの、、、

 「ブルーカレント74Ⅱ」 です!!

 

 今回の依頼内容は、

 ソリッドチューン!!

   「メタルトップの取り付け」 です!!

  

 オーダーフォーム内容を確認して、、、

  

  指定パーツは、こちらの、、、

  ヨシミとロジギアのコラボTOP です。

   

 指定カット位置からガイドを外します。

 折れた穂先からもガイドを外して確認。

   

  ブランクはカットする前にスレッドを巻いて口補強をします。

 補強巻きをする事で、ブランクの口割れやブランクの裂けを防止します。

 先径が細い程トラブル発生が多くなるので慎重に作業を進めます。

  

 チタントップを差し込んでカーボンの玉口との接地具合を確認。

 チタントップの先が細い為、スレッドを2回巻きし内径を合わせます。

 内径に合わせた後、瞬間接着剤でスレッドを固定。

  

 チタントップを差し込んで、

 ブランクとチタントップが真っ直ぐになる位置を見つけます。

 真っ直ぐになる位置を見つけたら、

 上下にマスキングテープを貼り印を付けておきます。

     

   チタントップを接着します。

  チタントップは、エポキシでは接着出来ません。

  この専用の接着剤 メタルロックで接着します。

  

     

  メタルロックを1:1で良く混ぜます。

 ブランクの内側にかき混ぜたメタルロック押し込みます。

 この動作を最低3回は繰り返します。

 (これは自分のやり方で、心配なのでしつこく入れます。)

 接着乾燥時間も5分程度ですが、

 一気に硬化してくるので注意しながら行います。

   

 接着も完成!!

 方向もしっかり合わせて再度確認!!

            

  接着が終わったらロービングに入ります。

  カーボンテープの補強材を巻きます。

   

 専用のコーティング剤を作ります。

    

  カーボンテープをチタントップの差し込み口上部から下部へ巻き下ります。

   

 エポキシを浸透させてから、

 マスキングテープでしっかり止めて1日乾燥させます。

   

 乾燥後のロービング状態です。表面を少し耐水ペーパーで慣らして、

 後からガイドを巻きます。

 削り過ぎると強度が落ちカーボンロービンした意味が無くなるので注意!!

              

 トップガイドもメタルロックで接着してガイドの方向を確認して固定します。

           

 トップも同じく2,3回ガイドのパイプ内にメタルロックを押し込みます。

 溢れ出ても乾燥後に剥がす事が出来るのでしっかり接着する事に集中!!

    

    メタルトップにガイドを巻いていきます。

 メタルトップは非常にスレッドが巻きにくいです。

 スレッドを巻いても下地のチタンに対しての、

 摩擦が少ない為地滑りしてしまいます。

 特に取り付けるガイドは小型が多いので苦労します!!

    こで!!

  

    秘密兵器をご紹介します。

      

 チタン素材にガイドを巻くなら、

  この糸がおすすめ品です!!

    

 このラインは釣りでもジャンルの違う、

       淡水の鮎コーナー にあり、、、

      

    チタントップを巻く為のおすすめの糸

  商品名は、根巻き糸  ※半透明のナイロンを選んで下さい。

  各メーカーから発売されていますが、どれを選ばれても性能の大差は無く、               

       

    しっかりガイド脚をホールドしてくれる能力は非常に高いです。

         

   通常は、以下鮎の掛けバリ作成時に使用します。

 

 鮎バリの軸を巻いて止める糸で、密巻きするとほとんど針のズレは発生しない、

保持力(摩擦力)が高いラインです。

 

針のしわりタイプストレートタイプをミックスした段ばりを作成しています。

 

  商品自体は、ハリスと鮎バリを巻いて止める糸ですが、

 表面の摩擦力が高く鮎バリでも理想の保持力を発揮してくれます。

  これが無いと糸巻きが出来ません。

 普通のスレッドでは滑って巻きあげる事が難しいので、

 このナイロンライン根巻き糸を使用して下さい。

 メタルトップにガイドを取りてけて行きます。

  

 メタルトップ全長が190㎜。

 間隔はTOPから、55㎜・60㎜・75㎜で足すと190㎜となります。

   

 ガイドの下巻きに根巻き糸でしっかり巻いた後に、

 ホワイトスレッドで上から巻きます。

   

 糸巻きが完了しましたらエポキシコーティングをします。

  

 土台作りがしっかり出来ているので、

 根崩れが起きる可能性はかなり低くなります。

  

 乾燥も完了しました!!

   

  無事完成しましたので、

   依頼店のタックルオフ西春店へ、

                  定期便にて返送致します。

   


イシグロ店舗へのアクセス・営業時間のご案内や店舗発信の新着情報各種はこちら!

このサイトはJPRSにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

パーツ名を確認して商品を選ぶ
パーツ名をクリックすると該当する商品一覧が表示されます。

船竿

TOP
ビルディングパーツ 詳細検索
商品名
カテゴリ
価格
その他

しばらくお待ちください