静岡県から愛知県を中心に釣具の店舗販売を行う「イシグロ」のロッドビルディングパーツ専門オンラインショップ

新品パーツ | 釣具ビルディングパーツ専門

竿作り・修理の知識【アルミ・エンドパーツ の選び方】

アルミ・エンドパーツとは??

アルミパーツは主に飾りとしての役割が強いですが、ブランクとグリップのスキマ隠し、段差埋めとしても活躍します。取り付ける部分のグリップや、他パーツよりも外径がピッタリか少し小さいアルミ・エンドパーツを選ぶとスッキリします。はみ出るとかっこ悪くなります。

【名称説明】

名称説明

フロントグリップの上部や、セパレートグリップのグリップの端にワンポイントの飾りとして取り付ける事が多いが、ブランクとグリップのスキマを隠す目的もあります。セパレートグリップに取り付けるワインディングチェックは、小さめのパーツ(HTWC-BWCAシリーズ)を選ぶとスッキリします。SD型リールシートの固定型のフロントグリップには、(WCFHTWC-Z)足が付いていないタイプがオススメ!KDPS型リールシートなどの回転式フロントグリップには、(WCHHTWC-LWCA-FP)足が付いているタイプがオススメ!

シートフロントリング

リールシートのスクリュー(ネジ山の部分)と、グリップとの段差を埋めるためのリング。 WCPD16~22-VFALRRシリーズ。スクリューとカーボンのスキマを埋めるには、D1617-FRWCA-D16を使用します。

KDPS用リング

KDPS用のグリップの下に取り付け、ワンポイントとしての飾りや、段差を少なくするリングや、最近流行のカーボンリングによってスリムなフロントグリップに仕上げる事が出来ます。サイズ毎に適合が変わり、16サイズのみ豊富にパーツが存在します。

リールシートとリアグリップの間に、ワンポイントの飾りとして取り付けるパーツ。 同じサイズのリールシートでも、タイプによって微妙に外径が異なるため注意が必要です。

グリップの外径にピッタリと合わせるか、少し小さめを取り付けるのが一般的。バランサーの役目を持たせた比重の高い商品も存在する。ウェイトの交換が出来る着脱式にするためには、ブランク内にF-20を埋め込む必要があります。

グリップ周り用パーツの商品ページへ


タックルオフ工房は全国から竿作りの依頼、修理、相談を受け付けております!!

初めてのロッドを自作したい方、ロッド製作をやり込んでいる方まで、『タックルオフ工房』が親切にお答えします。

▼クリック

竿作り・修理の知識 TOPへ

カテゴリ検索

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

パーツ名を確認して商品を選ぶ
パーツ名をクリックすると該当する商品一覧が表示されます。

船竿

TOP
ビルディングパーツ 詳細検索
商品名
カテゴリ
価格
その他

しばらくお待ちください