静岡県から愛知県を中心に釣具の店舗販売を行う「イシグロ」のロッドメイキングパーツ専門オンラインショップ

新品パーツ | 釣具メイキングパーツ専門

竿作り・修理の知識【リールシートの選び方】

リールシートとは??

リールシートとは、竿にリールを固定するパーツの事で、リールの足を掴む部分をフードと呼ばれ、リールシートは大きくプレートシートとパイプシートに分けられます。

プレートシートの特徴は、フードをスライドさせてリールを固定し、エサ釣りに使用されます。

パイプシートの特徴は、フードがナット式になっているため、パイプタイプのフードのみフードナットと呼ばれ、フードナットを回転させてリールを固定し、プレートタイプよりも強度があり、竿を持ち、操作し続けるルアー釣りに主に使用されています。

フードナットの種類

パイプシートの中で、大きく分けてフードナットの種類がSDタイプとKNタイプが存在します。

SDタイプ

SDタイプはフロントグリップと分離しており、ナットのみでリールを取付けます。

KNタイプ

KNタイプはKDPSタイプとも呼ばれ、フロントグリップをフードに接着し、グリップを回してリールを取り付けます。グリップの長さに合わせてカットして組み立てる事がほとんどです。

ブランクタッチのリールシート

ブランクタッチのリールシート

ベイトリールシートの中には、感度を向上させるブランクタッチが出来るリールシートが存在し、パイプシートの内径とカーボンパイプの外径をピタリと合わせる必要があります。

各パイプシートの特徴

■スピニングタイプ

DPS 汎用性の高いロングセラーのパイプシート。オーソドックスでサイズも豊富
VSS 現在スピニング用では最も需要の多いニュースタンダード。操作性の向上を追及
IPS VSSの前身で、長さが短くライトゲームの釣りに使用される事が多い
TVS キャスト精度を追及した次世代リールシート
SKSS グリップフィーリングにこだわった超軽量セパレートシート

■ベイトタイプ

TCS ブランクタッチを好まない方のスタンダードモデル。16~18までのサイズあり
ECS 初のブランクタッチ搭載のシンプルなデザイン。外径27mm
ACS キャスト精度を追及したブランクタッチリールシート。外径28mm
PTS 操作性とキャスト精度を追及した次世代モデル。サイズは17のみ
T-DPS 強度や太さにこだわったモデル。ジギングに使用されることが多い
PLS 『握りやすく力を入れやすい』形状。ジギングに使用されることが多い

適正サイズは?

サイズ ルアーロッド 船竿
16 一般的なバスロッド アジ、サバ、太刀魚などの水深100m以内(ブランク元径8~9mm
17~18 ヘビーバスロッド イサキ、真鯛、ヒラメなどの水深150m以内(ブランク元径9~10mm
16 エギングロッド 青物(ブランク元径11~12mm
16~18 シーバスロッド 中深海(ブランク元径12~14mm
18~22 ジギングロッド カツオ(ブランク元径13~14mm

リールシートの商品ページへ


タックルオフ工房は全国から竿作りの依頼、修理、相談を受け付けております!!

初めてのロッドを自作したい方、ロッド製作をやり込んでいる方まで、『タックルオフ工房』が親切にお答えします。

▼クリック

竿作り・修理の知識 TOPへ

カテゴリ検索

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

パーツ名を確認して商品を選ぶ
パーツ名をクリックすると該当する商品一覧が表示されます。

船竿

TOP
メイキングパーツ 詳細検索
商品名
カテゴリ
価格
その他

しばらくお待ちください